看護師として誇れるのはコミュニケーションスキル

看護師として誇れるのはコミュニケーションスキル

看護師として働く場合、医療や看護のスキルはもちろん、職場によってはさまざまなスキルが要求されるものです。あなたは看護師としてどんなスキルを身につけていますか?


訪問入浴介護歴が長い

看護専門学校を卒業後、付属の病院(内科の混合病棟)に半年ほど勤務しました。退職後に訪問入浴介護で7年間勤務しました。現在は結婚し、専業主婦です。夫と二人暮らしの20代です。訪問入浴介護では、ご自宅で入浴できないお年寄りや障害のある方のお宅へ訪問し、入浴のお手伝いをしていました。当時、友人がデイサービスでヘルパーとして働いていて、病棟を辞めることを話したら、訪問入浴部門で看護師を募集しているからやってみないかと誘われたことがきっかけです。

病棟勤務をあまり経験していないので

看護師としては8年目になりますが、病棟勤務が半年しかないため、看護技術は本当に初歩的なものしかありません。訪問入浴介護での勤務が長かったため、移乗や着脱、褥瘡の処置など主にしていました。医療処置が少ない利用者さんが多いので、なおさら医療技術が身につきませんでした。そのため、医療技術のスキルに関しては満足していません。もっと色んなスキルがあれば、これから再就職する際に役立つと思うからです。

訪問という仕事ならではのスキルが

しかし、コミュニケーションスキルは高いと思います。病棟と違い、在宅の現場では人柄が重要視されます。利用者さんはお客様で、お客様のご自宅に訪問するためです。全員がそうだとは言えませんが、病棟経験が長い看護師はプライドが高く、利用者さんに嫌われてしまう人も少なくないそうです。また病棟とは違い、物品が揃っているわけではないため臨機応変に対応できるスキルも求められます。慣れるまでは大変でしたが、私は病棟より在宅の現場で楽しく働くことができたので、そういったスキルが上がったことには満足しています。

再就職するためにもスキルアップを

現在は専業主婦ですが、いずれ看護師としてまた働きたいと思っています。そのさい、ある程度医療技術のスキルがないと就職先が限られてしまうので、これから採血や吸引など基本的な看護技術のスキルアップができたらいいなと思っています。

とにかく新人のうちにいろいろ経験すべき

新人の時に、いろいろ経験することが一番大切だと思います。新人だからこそ、訊けることや先輩看護師と一緒にやらせてもらえることもたくさんあると思います。経験年数が長くなるにつれて、周りに訊きにくくなります。最初のうち、訊きにくいと思うことがあっても、勇気を出して先輩に教えてもらいましょう。もちろん、自分で事前に勉強することは大事です。
Copyright(C) あなたは看護師としてどんなスキルを持っていますか? All Rights Reserved.